ポン太一家の冒険

ポン太一家の冒険

発達障害(自閉症)中学男子の母の気持ち   ※無断転載禁止

見えてるけど見えてない?

我が家のリビングには姿見が置いてあります。

幼稚園児のころから「着替えたらここでチェックしてね」と声をかけていますが、いまだにうまくできません。

毎朝この場所で、ほらここ、シャツがでてるよ、ズボンの裾が靴下に入ってるよ…と指摘して直させています。(園児ではなく、英語検定準2級の高校生ですけど…)

 

中学3年のある日、リビングでポン太が騒いでました。 

f:id:pontaikka:20170214165444j:plain

f:id:pontaikka:20170214165453j:plain

 

このとき急に『自分が大きくなってる!』という事実に気がついたそうです…

もっと子どもだと思ってた、と言ってました笑

たしかに2年で15センチも背が伸びたけれど、いきなり実感して驚くなんてポン太らしいなぁ。セルフイメージが修正されていなかったんだね。

 

でもポン太、毎日、鏡みてたじゃない?

ずっと前から私、ポン太のおさがりを着てるじゃない?

なんで気がつかないの?

f:id:pontaikka:20170214165509j:plain

そういえばポン太の着られなくなった服を黙って着ていても、指摘されたことがありません。普通の中学生なら「あ、僕の服着てる!」とか言いそうですけど。

きっと気づいてもいないんでしょうね。

目に入ってるはずなのに見えてない、認識されてないということ、ポン太にはよくあります。

みんなと同じものを見ているのに、ポン太だけ気がつかないのです。

視力検査で目が悪ければ眼鏡をかければいいけれど、これは対処が難しいです。まわりも気づいてあげられません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク